横浜市のタワーマンション|山信不動産株式会社 > 山信不動産株式会社のスタッフブログ記事一覧 > オフィス東京回帰!企業が求める条件とは?

オフィス東京回帰!企業が求める条件とは?

≪ 前へ|住宅ローン「フラット35」に新たな金利引下げ制度か⁉︎   記事一覧   鋼材・生コン輸入送料価格に転嫁か⁉︎|次へ ≫

オフィス東京回帰!企業が求める条件とは?

カテゴリ:市況

皆様、弊社ブログをいつもご覧頂き誠に有難うございます!

本日は、日本の中心地「東京」へ各企業がオフィス転入をしている話題についてご紹介したいと思います。

今年の2月に当ブログ内で、東京への人口流動が加速してきた話題を取り上げました。コロナ禍が明けた2023年の人口流動トレンドとして、勤務形態も戻ったことが影響し「東京一極集中」に戻りつつあります。


そんな中、企業のオフィス事情にも変化が出てきています。23区への転入社数は2023年に前年から13%伸び、転出超過幅はコロナ禍前の19年以来の低水準となりました。今、改めて経済の正常化で対面の仕事が戻る流れで、都心の利便性が見直されています。オフィス需給の緩みも呼び水となっており、再び東京一極集中の兆しが浮かんできています。大手企業の本社を移転も多く、きっかけは対面の採用活動の再開にあります。交通アクセスの良い都心に拠点があった方が優秀な人材を集めやすいというのも理由の一つだそうです。都内に集中する大手の取引先と顔を合わせてのやりとりも増えているため、総合的にも移転メリットは多くあります。国税庁の法人番号公表サイトのデータでは、2023年1〜8月にのべ3805社が東京23区に本社機能を移しているそうです。同期間でみた転入数は2019年比で28%増えています。オンライン会議の普及や業績の悪化などによるコロナ下の「脱東京」の動きはすでに頭打ちの感がでてきています。転出数は2021年の4457件をピークに減少に転じています。転出超過の幅は縮小傾向です。

特に目立つのは、やはり対面の仕事が多い企業の流入です。東京商工リサーチ協力のもと日本経済新聞が産業別に毎年1〜7月の転入数(17年=100)を分析したデータからすると、2023年にサービス業は142と2022年から21ポイントも高まっていました。不動産業も136、小売業も135とそれぞれ13ポイント拡大しています。地域別では大阪府からが2023年に306件と22年比で30%増え、愛知県からは118件で26%伸びています。こうした状況からも分かるように、経済活動の再開で、より市場規模の大きい東京に拠点を置くビジネスモデルに戻りつつあります。さらに、都心の賃料の下落も呼び水になっています。再開発ラッシュもあってオフィスはだぶつき気味です。都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)の10月の空室率は6.1%と、供給過剰の目安の5%を33カ月連続で上回っています。平均賃料は右肩下がりで、直近のピークの2020年7月より14%も下落しています。オフィス市況の軟化は資金力の乏しいスタートアップなどには追い風で東京進出のきっかけにもなっています。2023年に東京に流入したうち大半は従業員50人以下の企業だそうです。規模が小さい分、身軽に動ける面もありそうした企業の動きが活発になってきています。実際、当社へくる事務所・オフィス系の問い合わせに関しては、広さも20坪から40坪くらいがボリュームゾーンになってきています。

興味深いのは、都内にすでに拠点を構えている企業の間でも更なる好立地を求める動きが出てきていることです。背景には人手不足があるようです。優秀な人材を確保をする為にも、より利便性が高いビルに移転することが重要と考えているようです。流動化が進めば玉突きで既存のビルに空室が生まれ、地方から入り込む余地が増します。東京は戦後、資本と労働力を吸い寄せてきました。コロナ禍がその流れにくさびをうったのは確かです。とはいえ、一部では地方の再評価が進み、企業がむやみに都心を目指したりとどまったりすることはなくなりつつあります。以前よりも確実に都心からの転出は増えており、企業の立地戦略が多様化しているのも事実です。いずれにしても経済合理性に基づいて動くのが企業です。集積は効率を高め、イノベーションを促すメリットもあります。一極集中の緩和を目指す地方創生など行政の取り組みがほとんど成功してこなかったのも半ば当然といえます。もちろん災害リスクの分散や地域経済の活性化といった政策課題が重要でなくなるわけではないです。しかし、東京への移転メリットが優秀な人材確保や企業にもたらす利益へ還元されるのであれば多少のコストをかけてもオフィスを構えたくなるのもわかります。

また、東京だけではなく都心に近い人口密集エリアとして神奈川県の「横浜市西区・中区」への転入も行政からの後押しとマッチし、増加傾向にあります。今後は、オフィス賃料の相場も都心に比べ安価な横浜市中区・西区への期待値も高まりそうです。

LINEでも不動産の最新情報やお役立ち情報を配信しています!


- 横浜市のタワーマンション 山信不動産 -

 

タワーマンション情報はこちら

タワーマンションをお探しの方はこちら

 

横浜市|タワーマンション|リノベーション|

湾岸エリア|不動産

 

神奈川県横浜市中区海岸通4-20-2 YT馬車道ビル301

みなとみらい線 「馬車道駅」 徒歩2

 SANSHIN Real Estate


≪ 前へ|住宅ローン「フラット35」に新たな金利引下げ制度か⁉︎   記事一覧   鋼材・生コン輸入送料価格に転嫁か⁉︎|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • X(旧Twitter)
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • 横浜市中区・西区特集
  • タワーマンション特集
  • 採用情報
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 売却査定
  • FUND SIMULATION
  • at home
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    山信不動産株式会社
    • 〒231-0002
    • 神奈川県横浜市中区海岸通4丁目20番2
      YT馬車道ビル301
    • TEL/045-681-4924
    • FAX/045-681-8050
    • 神奈川県知事 (1) 第30994号
  • 更新物件情報

    2024-05-28
    パークハビオ赤坂タワーの情報を更新しました。
    2024-05-28
    MOMENTO SHIODOMEの情報を更新しました。
    2024-05-28
    パークタワー勝どき サウス棟の情報を更新しました。
    2024-05-28
    パークタワー勝どき ミッド棟の情報を更新しました。
    2024-05-28
    アトラスタワー六本木の情報を更新しました。
    2024-05-28
    シティタワー新宿の情報を更新しました。
    2024-05-28
    パークアクシス赤坂山王の情報を更新しました。
    2024-05-28
    グランシエル南青山の情報を更新しました。
    2024-05-28
    HARUMI FLAG SEA VILLAGE C棟の情報を更新しました。
    2024-05-28
    エクセルシオール目黒青葉台の情報を更新しました。
  • QRコード
  • 横浜市ウェブサイト
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

山田 恵二 最新記事



山田 恵二

不動産に関する事なら何でもご相談下さい。 特に、マンションに関しては長く扱ってきた経験もございますので将来のトレンドを見据えたご提案はもちろん、住宅ローンや税金に関しても細かくご説明致します。 自身の購入や売却といった実際の取引経験も交えてお客様一人一人に合わせたご提案を心がけております。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


THE YOKOHAMA FRONT TOWER

THE YOKOHAMA FRONT TOWERの画像

賃料
44.8万円
種別
マンション
住所
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1丁目41
交通
横浜駅
徒歩3分

SS KNOT

SS KNOTの画像

賃料
23.1万円
種別
マンション
住所
神奈川県横浜市中区太田町5丁目69
交通
桜木町駅
徒歩5分

SS KNOT

SS KNOTの画像

賃料
22.8万円
種別
マンション
住所
神奈川県横浜市中区太田町5丁目69
交通
桜木町駅
徒歩5分

高輪ザ・レジデンス

高輪ザ・レジデンスの画像

価格
1億8,980万円
種別
中古マンション
住所
東京都港区高輪1丁目27
交通
高輪台駅
徒歩6分

トップへ戻る